~よくある質問~更新いたしました!

こんにちは。

OK-DEPOT外渉課の武田ゆりです。

ここ数日、とても暑いです><

体調を崩さないようにお気をつけくださいませ^^

よくある質問コーナーです。

Q.
 
複数の現場で使用を検討しています。
ロハスコートはの開封後の使用期限はどれくらいでしょうか?
 
A.
 
ロハスコートは水性の塗料のため、開封後はお早めに使用してください。
 
保管状況にもよりますが、中蓋、外蓋をしっかりと閉めた状態で約1~2ヶ月程度保管は可能です。はじめて開封した時と変わらない状態であれば使用できます。
 
また、未開封の場合の使用期限は1年間となります。
 
 
そのほかのQ&Aは、下記にまとまっております。
 
▼こんな方にオススメ
 
▼商品案内
 
▼性能
 
 
お見積などのご依頼は、ok-depot@ok-depot.jp まで、お気軽にお申しつけくださいませ。
カテゴリー: よくあるご質問, 雑記

下地を選ばない!?ロハスコートの接着力

こんにちは。

外渉課のフセヒロシです。

 

今日はロハスコートでよくあるご質問にある

【下地】についてご説明します。

施工箇所や施工の状況によって下地は変わってきます。

例えば、新築の場合はモルタル(コンクリート)下地であったり、ALC(軽量気泡コンクリート)であったり、

鉄板系であったりします。

またはリフォームの場合は上記のほかにすでに塗装された塗装面であったりもします。

このように状況により下地は変わってきます。

塗料によっては下地を選ばないと剥がれる可能性やそもそも接着できないモノもあるんです。

 

分かりやすい例でいうと、テープにもいろいろな種類がありますよね。

セロハンテープやマスキングテープ、建築用の養生テープや防水用テープなどもあります。

用途によって接着力を変えることで下地に対応するようになっています。

この接着力は塗料にも当てはまります。

 

ロハスコートはなんとタイルを接着できるほど強力な接着力をもっています。

塗料ではJIS規格の3倍以上!

この接着力の強さはイコール長持ちするということです。

簡単にはがれる塗料ではないのでチョーキング現象(経年で塗料が粉状にはがれやすくなってきます)

が非常に起きにくい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこの接着力を活かせるのが、下地への接着、つまり下地を選ばずしっかりくっつくということ。

下地処理はそれぞれ必要になりますが、基本的には下地を選ばず接着してくれます。

 

詳しい施工方法はこちらにも記載しています。

せっかく外壁に塗装するならば性能と耐候性もしっかり吟味することをオススメいたします。

カテゴリー: 雑記

断熱性能は「空気」の「層」がポイント!

こんにちは。

外渉課のフセヒロシです。

 

断熱性能が抜群のロハスコートですが、塗料の一体どの部分が

断熱性能を発揮しているか知っていますか!?

 

塗装自体は3~4回塗りで仕上げることが多いのですが(下塗り・中塗り・上塗り)

塗膜自体はロハスコートの場合0.3~0.4mmとなっています。

伸縮性と関連もあるので、薄く仕上げるのは性能をしっかり発揮できないのでお勧めできません。

また、厚みがありすぎてもちゃんとした性能は出せません。

 

この塗膜の厚みの中に秘密があります。

ロハスコートの塗料自体には空気の層を生む重要なポイントがあります。

それは、

【中空ビーズ】です。

 

中空ビーズって聞きなれない方も多いので図でわかりやすくお見せします。

kodawari1-9

このような塗料の中に存在している無数の空気泡のようなものです。

非常に細かいので肉眼では確認できませんが

塗料の中身はこのようになっています。

一つ一つは小さいのですが、効果は絶大です。

というのも、一つ一つの中空ビーズが空気の層を作り上げているので、

熱を通しにくいんですね。

空気は実はとても熱を通しにくいんです。

なぜ空気は熱を通しにくいのか。

 

一般的に何に伝わって熱を通すか?

それは分子です。

簡単に言うと空気(気体)の単位面積当たりの分子数が少ないから熱を通しにくいのです。

分子がぶつかることで分子同士が熱を奪ったり、伝えたりします。

この分子量が少なければ少ないほど、また動きが少なければ少ないほど

熱は伝わりにくくなります。

image002

分子量の少ない空気を含う層を作ればそれが熱を伝わりにくくする=断熱層になってくれるわけですね。

ロハスコートは中空ビーズという無数の細かい空気の層を持っていますので

断熱性能が抜群なのです。

qa-hollow-beads

 

2重窓や内窓と言われるインナーサッシもやはりこの空気の層(もしくはガスの層)を

利用して断熱効果を生み出しています。

もっといえば真空状態にできれば断熱効果はさらにアップします。

 

0.4mmというとても薄い塗膜ですが

その中にはこんな秘密があるんですね。

もっとロハスコートを知りたい方は

# ロハスコートに関するご質問」をご覧いただくと面白いですよ!

カテゴリー: ロハスコートシリーズ タグ: , , ,

ロハスコートに関するご質問をご紹介!ロハスコートの主剤とトップコート(ロハスコートTS)の違いはなんですか?

おかげさまです~。 OK-DEPOTの紙谷セイシです(^^)/

戸建での塗装はもちろん、公共工事にもご採用いただき、大変ご好評をいただいておりますロハスコートですが、おかげさまで皆様からのお問い合わせも沢山いただいております。

今回も、頂いたご質問をWEBにてご紹介させて頂きます!

Q.

ロハスコートの主剤とトップコート(ロハスコートTS)の違いはなんですか?

A.

主剤には中空ビーズがすき間なく均一に混入されているため、たくさんの空気を含んでおり、断熱性があります。

ツヤ消しのマットな状態の仕上がりとなります。

トップコートは、断熱性能はありませんが、遮熱性能を有しており、
ツヤを出すとともに、防汚性能があります。

********************************************

その他のよくあるご質問はこちらからご覧いただけます!

http://lohascoat.jp/qa/qa.html

カテゴリー: よくあるご質問, ロハスコートシリーズ

ロハスコートに関するご質問をご紹介!ALCへの塗装は問題ないですか?

おかげさまです~。 OK-DEPOTの紙谷セイシです(^^)/

戸建での塗装はもちろん、公共工事にもご採用いただき、大変ご好評をいただいておりますロハスコートですが、おかげさまで皆様からのお問い合わせも沢山いただいております。

今回も、頂いたご質問をWEBにてご紹介させて頂きます!

Q.

ALCへの塗装は問題ないですか?

A.

ロハスコートはALCに対しても面全体に強い強度で付着します。

しかも伸縮性に優れ、その性質はいつまでも持続します。縮み等もおこらないのでALCの表面を引っ張ることもありません。

むしろ、ALCの表面をある程度保護します。

********************************************

その他のよくあるご質問はこちらからご覧いただけます!

http://lohascoat.jp/qa/qa.html

カテゴリー: よくあるご質問