LOHAS OIL blog 「良くある質問~下地別施工方法~」

良くある質問~下地別施工方法~

  • こんにちは。

    外渉課のフセヒロシです。

     

     

     

    今日はよくある質問の中で

    「下地別でどのように施工したらよいか」について

    簡単にご説明いたします。

     

    大きくパターンを分けると2種類しかありません!

    ①下地に吸水性がある(モルタル系)

    ②下地に吸水性がない(鉄板系)

    これだけです。

     

    ①下地に吸水性がある場合は、ロハスコートBW(下地材)が必須となります。

     

    ②下地に吸水性がない場合は、基本的に主剤から塗ることが出来ます。

    下地材が不要ということです。ただし、錆止め等下処理が必要なことがありますのでご注意ください。

     

     

    細かな施工方法はマニュアルをご覧いただきたいのですが、

    簡単に区別する方法としては上記となります。

     

    意外に簡単ですよね!?

     

    吸水性がないものにいきなり主剤が塗れるというのはひとえに強い粘着性がある、ということに尽きます。

    タイルボンド並みなので、下地材がなくても塗れるんです。

     

    施工方法含め詳細がもっと知りたい方はお気軽にお問い合わせくださいませ。