LOHAS OIL blog 「家が熱い!?断熱効果で家を熱くなりにくくしましょう」

家が熱い!?断熱効果で家を熱くなりにくくしましょう

  • こんにちは。

    外渉課のフセヒロシです。

     

    梅雨も明け、本格的な夏を迎えています。

    紫外線の感じ方は梅雨の時の方が強く感じられたような気がしますが

    より湿気と熱線と暑さが加わり、じとじとと暑くなってきました。

    さて、こんな暑い時期にお家をどうやって涼しくするか?

     

    ・エアコンで設定温度を低くして涼をとる

    ・風鈴で癒されて涼をとる

    ・風通しを良くして暑くならないようにする

    ・ひんやりマットを使う

    などなど、方法としては様々ありますが・・・ここではお部屋の中のお話ではなくて

    外からのお話をしましょう。

     

    【断熱はお家の外側から!】

    もはや鉄則となりつつあるテーマですが

    お部屋の中をいくら冷やしてもお家の箱自体が熱を持ってしまっては意味がないと思いませんか?

     

    ということで、断熱はお家の外からが基本です。

    お家を熱くしない方法を考えましょう。

     

    【お家の一番外は外壁と屋根】

    では、どの部分から手を付けたらいいか・・・

    お家で最も外側は外壁・屋根になりますので、ここから手を付けましょう。

    太陽の熱をいかに防ぐか、という意味で遮熱塗料にばかり目を向ける方がいらっしゃいますが

    遮熱だけでは断熱効果は低いのです。

    日射の遮熱ですので、いわば反射して熱くなりにくいというだけです。

    遮熱だけでは熱を持つ可能性もあり、また、お家の中からの熱(冷気)も逃がす可能性があります。

    なので、お家の内外からの熱の伝導を防ぐ「断熱」効果の高い素材を選ぶことが重要です。

    ロハスコートHPでは下記のようなアイコンも使用しています。

    イメージしやすいですね!「熱を断つ」ことが重要です。

     

    【リフォームにこそ断熱塗料を!】

    新築時が効果の最大値かと言えば、そうではありません。

    もちろんリフォームにだって対応しています。むしろリフォーム時に塗り替えをするなら

    より効果を感じていただけるロハスコートをご採用いただきたいと思っています。

    断熱効果をより実感頂けるはずです。

    「リフォームは内装がメインなんだけど・・・」

    そんな方にも安心です。

    ロハスコートは既存の塗料の上からでも十分耐候性を発揮するだけの「粘着力」と

    クラックを塞いでしまうだけの「伸縮性」を兼ね備えています。

    リフォームにも安心してご使用いただけます。

     

     

    このように、最もお家の外周部分にあたる外壁塗料と屋根塗料を見直すことで

    お家の内部の性能も変わります。

    例えば、エアコンの効きがよくなるので、省エネを実感できた!などよく聞かれます。

    断熱材も併用してよりお家の断熱効果を高めることを意識していきましょう。